走り方教室

順位あがったよ!

走り方教室に参加していた子どものパパさんから、マラソン大会の結果のメールをいただきました。

 

>マラソン大会の順位は、男子○○人中○○番でした。

>内容も、走り方教室で教えていただいたことを意識して走れたようです。

>先生のご指導のおかげで自信がつき、走ることが楽しくなったようです。

>こどもにあわせつつ「遅く走る練習はしない」、という指導方針が一貫されている点に、保護者として感銘を受けました。

>本人は公園トレーニングを継続すると申しております。今後ともよろしくお願いします。

 

ご家族にとって秘密特訓だったということで、特定される数字は伏せてあります。

教室に参加する前はクラスでビリだったのが、学年で10番台になったということでとても喜んでいました。

 

教室をやっているときもモチベーションが高く、続けて何回も走ろうとするため、こちらが休憩を入れなければならなかったことを思い出します。

その際に「体力がない状態で走るとタイムが遅くなる。それは遅く走る練習をすることになるから、走るときは常に全力が出せる状態で練習しよう。休憩も大事だよ。」という話をしたら、すぐに納得してくれました。

走り方教室が終わってもまた公園で一緒に走れたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =