スポーツ・日常の痛み

スポーツ外傷

スポーツをしていると、痛いところが出てきます。
痛くなる原因はスポーツごとに違います。

テニス選手の肘が痛くなるテニス肘や、陸上選手のスネが痛くなるシンスプリント、サッカー選手の膝が腫れるオスグットなど、使い過ぎで起こります。

また、足をひねってしまい捻挫をする、ボールが当たって打撲をするなど、種目に関係なく起こるケガもあります。

ミネラルが不足すると足がつったり、肉ばなれを起こします。
乳酸の蓄積による筋肉の張りや、焼けるような痛み。
水分やナトリウム不足による脱水など、栄養面も考えなければなりません。

院長はスポーツが好きで、これまでにサッカー、バスケット、陸上をはじめ柔道やボクシングなど、いろいろなスポーツをしてきました。

スポーツをしていて痛みに悩んでいる方はもちろん、 痛みはないけれど記録を伸ばしたい、疲れを取って試合に臨みたいと考えている方も、お気軽にご相談ください。

日常の痛み

ひつじ整骨院_マッサージ

厚生労働省が発表している「体についての自覚症状」調査では、

などの症状に、男女とも悩まされていることが分かります。

肩こりや体のだるさは他の病気の症状という場合もあるため、湿布を貼ったりしても治らない場合は、医療機関への受診をおすすめします。

また、年齢が上がるごとに症状を訴える人が増加しています。
回復力が低下しているため、腰や手足の関節が痛みます。
これらは電気やマッサージをすることで改善が期待できます。

施術者氏名 望月祐

交通事故
交通事故
ひつじ整骨院_マッサージ
マッサージ
痛み
痛み
酸素カプセル
ひつじ整骨院_走り方教室
走り方教室