スポーツ・日常の痛み

酸素カプセル3

メーカー選び

酸素カプセルはいくつかメーカーがあり、いくつかの会社で価格を聞くことにしました。カプセル本体と、必須オプションだと感じたのがクーラーとスモークガラスの2つ。その2つを合わせた価格を出してもらいました。

広告に有名選手を起用しているA社さんの商品は、4万弱の6年リース。現金一括はおすすめしないとのことでした。金額はともかく広告はカッコいい。契約しようと思っていたのですが、ここで問題が。整骨院の入り口のドアが73cmしか開かない。しかも片側は嵌め殺してあるので、業者を呼んでもう片方を外しても78cmしかない。そしてなんと酸素カプセルの横幅は78cm。営業さんは「2mmくらい余裕があるので、いけます!」と言っていましたが、買う側としては絶対無理。1mmずつって。残念ですが、お断りしました。でも対応も早く、宣伝の仕方なども教えてくれたり、とても感じはよかったです。

B社さんは30万の安価なソフトタイプから高価なハードタイプまで幅広く扱っている会社です。対応は不安になる感じで遅い。いろいろ考えた結果、ドア幅が69cmあれば搬入できるスリムタイプで見積もりを取りました。リースだと2万強となります。しかしリースにはいい思い出がないので、一括の金額を出してもらいました。

余談ですが、リース6年というのは(月々の金額×72回)で終わりではありません。その後に再リースと言って、何か月かお金を支払う必要があり、それが終わった後はさらに買取でお金を払います。そうしなければ引き上げられてしまうので払うしかありません。現金のほうが安心です。

結局、B社さんのスリムタイプを購入することにしました。C社さんともメールで連絡を取っていましたが、やはり78cmがネックになりお断りしました。